FX関連RSSまとめ

No items, feed is empty.


 


 

  • 22日のドル円相場ときょうのひとこと(3/25 月)
     WS000527.JPG
    ————3/22ドル円相場————————–
     
    独・米製造業PMI悪化で世界経済減速懸念再び。米国債利回り「逆イールド」発生でドル安・円高が加速すると1ヵ月半ぶりに110円割れ。
     
    OP110.796 HI110.897 LO109.743 CL109.941
     
    ———–3/22主な出来事—————————
     
    08:30  日本2月消費者物価指数)(前年比)  +0.2%  
    前回+0.2%   
    予想+0.3%   
    日本2月消費者物価指数・除生鮮食(前年比)  +0.7%  
    前回+0.8%   
    予想+0.8%   
     
    17:30  独3月製造業PMI・速報値  44.7   
    前回47.6   
    予想48.0  
    独3月サービス業PMI・速報値   54.9   
    前回55.3   
    予想54.8 
     
    18:00  ユーロ圏3月製造業PMI・速報値   47.6  
    前回49.3   
    予想49.5  
    3月サービス業PMI・速報値   52.7  
    前回52.8   
    予想52.7  
     
    21:30  加1月小売売上高(前月比)  -0.3%  
    前回-0.1% (-0.3%)  
    予想+0.4%  
     
    21:30  加2月消費者物価指数(前月比)  +0.7%  
    前回+0.1%   
    予想+0.6%   
    加2月消費者物価指数(前年比)  + 1.5%   
    前回+1.4%   
    予想+1.4% 
      
    22:45  米3月製造業PMI・速報値   52.5    
    前回53.0   
    予想53.6
    23:00  米1月卸売在庫(前月比)  +1.2%   
    前回+1.1%   
    予想+0.2%  
     
    23:00  米2月中古住宅販売件数(年率換算)  551万件  
    前回494万件 (493万件)  
    予想510万件   
    27:00  米2月月次財政収支  -2340億ドル  
    前回+87億ドル   
    予想-2270億ドル   
     
    ———3/22株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21627.34△18.42
    豪ASX  6195.232 △28.065
    上海総合 3104.149 △2.694
    英FT   7207.59▼147.72
    独DAX  11364.17▼185.79
    NYダウ 25502.32▼460.19
     
    日10年債利回り -0.0690%▼0.0330
    豪10年債利回り 1.834%▼0.045
    英10年債利回り 1.014%▼0.051
    独10年債利回り -0.015%▼0.057
    米2年債利回り 2.3166%▼0.0918
    米10年債利回り 2.4390%▼0.0979
     
    NY原油 59.04 ▼0.94
    NY金 1318.70△5.10
     
    ————3/25注目材料———————–
     
    <国内> 
    13:18 黒田日銀総裁、参院予算委に出席
     
    <海外> 
    10:45  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
    14:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
    18:00  独3月Ifo企業景況感指数
    18:15  コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演 
    18:30  クーレECB理事、講演 
    19:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
     
    ————3/25きょうのひとこと—————-
     
    ドイツのマイナス長期金利はともかく、アメリカは逆イールドが起きるほど景気が悪化しているようにも思えません(もちろん、「現時点では」という前置きが付きますが)。金曜日の製造業PMIも52.5で、ドイツの44.7とは比べものにならないマトモな数字です。逆イールドが米債券市場からの景気後退への警報だとすると、ここからは債券市場の見方が正しいのか正しくないのか、その答え合わせが必要になるのではないでしょうか。いつも以上に米経済指標を精査する構えで臨みたいところです。
     
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 20日・21日のドル円相場ときょうのひとこと(3/22 金)
    WS000524.JPG
    ————3/20ドル円相場————————–
     
    FOMCが想定以上にハト派化。米長期金利低下でドルが急落。
     
    OP111.375 HI111.691 LO110.533 CL110.714
     
    ———–3/20主な出来事—————————
     
    08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨
    「経済・物価・金融情勢をバランスよく踏まえつつ、現在の緩和政策を粘り強く続けていくことが必要」「大きな危機が起きるまで行動しないという態度は望ましくない」「当面は政策変更がないという予想が過度に固定化されてしまうことを防ぐ工夫も必要」
    16:00 独2月生産者物価指数(前月比)-0.1%
    前回+0.4%
    予想+0.2%
     
    18:30 英2月消費者物価指数(前月比)0.5%
    前回-0.8%
    予想+0.5%
    英2月消費者物価指数(前年比) +1.9%
    前回+1.8%
    予想+1.8%
    英2月消費者物価指数・コア(前年比)+1.8%
    前回+1.9%
    予想+1.9%
    英2月小売物価指数(前月比)+0.7%
    前回-0.9%
    予想+0.7%
    英2月生産者物価指数(前月比)+0.1%
    前回0.0%
    予想+0.1%
     
    27:00 FOMC政策金利を2.25-2.50%に維持 
    「労働市場は依然として堅調だが、経済活動は第4四半期の堅調なペースから減速」 
    「ここ数カ月の平均雇用者数は増加しており、失業率は低いまま」 
    「最近の指標は、第1四半期の家計支出と設備投資の伸びが鈍化していることを示唆」 
     
    「世界経済と金融の動向、落ち着いたインフレ圧力を考慮し、どのようなFF金利の目標誘導レンジの将来的な調整がこれらの結果になるために適切かを決める際に、委員会は『忍耐強く』なるだろう」 
    「労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する」 
     
    〇適正なFF金利の見通し(中央値、カッコ内は前回)
    19年末2.4%(2.9%)
    20年末2.6%(3.1%)
    21年末2.6%(3.1%)
    〇経済成長見通し
    19年 2.1%(2.3%)
    20年 1.9%(2.0%)
    〇失業率見通し
    19年 3.7%(3.5%) 
    20年 3.8%(3.6%)
    〇インフレ見通し
    19年 1.8%(1.9%)
    20年 2.0%(2.1%)
     
    27:30 パウエルFRB議長、会見
    「FRBは米経済が年内底堅く成長すると依然予想」
    「米国内外の一部動向に注目する必要」
    「FRBは忍耐強く対応する見通し」
    「昨年9月以降の指標から成長は予想よりも鈍化のもよう」
    「成長は特に中国や欧州で鈍化」
    「脆弱な小売売上高は消費支出の減速を示唆」
    「英EU離脱や通商交渉がリスク要因」
    「きょうのFOMCでは各種指標の解釈に関する議論にほぼ終始」
    「「忍耐強く」とはFRBが判断を急ぐ必要がないことを意味」
    「政策見通しの変更は当面先となる可能性」
    「必要に応じ、バランスシート戦略をさらに調整する」
    「基調的な経済ファンダメンタルズは堅調」
    「金融状況は数カ月前よりも緩和的」
    「最近の経済指標は、FRBが金利をどちらの方向に動かすべきか示唆していない」
    「忍耐強くなるには良い時期」
    「低調な米小売売上高統計を軽視していない」
    「米家計のファンダメンタルズは明るいもよう」
    「19年末時点で、バランスシートがGDPの17%程度と、ピーク時の25%から低下する見通し」
    「2%のインフレ目標は均衡の取れた手法では十分に達成されていない」
    「インフレ目標の未達成が、忍耐強く対応する理由の一つ」
    「インフレ目標を達成するとの信認維持に向けて、より独創的な思考が必要」
     
     
    ———3/20株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21608.92△42.07
    豪ASX  6165.349▼22.441
    上海総合 3090.640▼0.335
    英FT   7291.01▼32.99
    独DAX  11603.89▼184.52
    NYダウ 25745.67▼141.71
     
    日10年債利回り -0.036%
    豪10年債利回り 1.937%
    英10年債利回り 1.157%
    独10年債利回り 0.084%
    米2年債利回り  2.3961%
    米10年債利回り 2.5263%
     
    NY原油 59.83△0.80
    NY金 1307.80△1.30








    WS000525.JPG
     
    ————3/21ドル円相場———————
     
    FOMC後のドル売り一巡。米長期金利の持ち直しとともに110円台後半へ反発。
     
    OP110.663 HI110.956 LO110.299 CL110.791
     
    ————3/21主な出来事———————
     
    09:30  豪2月新規雇用者数   +0.46万人 
    前回+3.91万人 (3.83万人)  
    予想+1.40万人  
    豪2月失業率  4.9%  
    前回5.0%   
    予想5.0%   
     
    18:30 英2月小売売上高(前月比)  +0.4%   
    前回+1.0% (0.9%)  
    予想-0.4% 
     英2月小売売上高・除自動車(前月比)  +0.2%  
    前回+1.2% (1.1%)  
    予想-0.4%   
     
    21:00 BOE、政策金利(0.75%)と資産買入れプログラムの規模(4350億ポンド)の据置きを発表
    BOE議事録
    「ブレグジットの不透明感が、英国の資産市場やポンド相場にボラティリティーを与えている」 
    「インフレ率見通しは、おおむね2月時点の予想に沿っている」 
    「おそらく、慎重かつ緩やか、限定的な引き締めが必要となろう」
         
    21:30  米3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数  13.7   
    前回-4.1   
    予想4.5  
    21:30  米前週分新規失業保険申請件数  22.1万件  
    前回22.9万件 (23万件)  
    予想22.5万件   
     
    23:00  米2月景気先行指標総合指数(前月比)  +0.2%  
    前回-0.1% (0.0%)  
    予想+0.1%   
     
    24:00  ユーロ圏3月消費者信頼感(速報値)  -7.2   
    前回-7.4   
    予想-7.1  
     
    ———3/21株式・債券・商品——————-
     
    日経平均 —–
    豪ASX  6167.167 △1.817
    上海総合 3101.455 △10.815
    英FT  7355.31△64.30
    独DAX  11549.96▼53.93
    NYダウ 25962.51△216.84
     
    日10年債利回り —–
    豪10年債利回り 1.879%▼0.058
    英10年債利回り 1.064%▼0.093
    独10年債利回り 0.041%▼0.043
    米2年債利回り  2.4084%△0.0123
    米10年債利回り 2.5369%△0.0107
     
    NY原油 59.98 △0.15
    NY金 1313.60△5.80
     
    ————3/22注目材料———————–
     
    <国内> 
    08:30  2月全国消費者物価指数 
    08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
     
    <海外> 
    17:15  3月仏製造業PMI速報値
    17:15  3月仏サービス業PMI速報値
    17:15  デギンドスECB副総裁、講演 
    17:30  3月独製造業PMI速報値 
    17:30  3月独サービス業PMI速報値
    18:00  3月ユーロ圏製造業PMI速報値
    18:00  3月ユーロ圏サービス業PMI速報値
    18:00  1月ユーロ圏経常収支
    21:30  1月カナダ小売売上高
    21:30  2月カナダ消費者物価指数
    22:45  3月米製造業PMI速報値 
    23:00  2月米中古住宅販売件数 
    23:00  1月米卸売売上高 
    23:00  1月米卸売在庫
    27:00  2月米月次財政収支
    —–  EU首脳会議(ブリュッセル、最終日) 
     
    ————3/22きょうのひとこと—————-
     
    ドル円は、早くもFOMCショックから立ち直る様子を見せています。FOMCが年内の利上げを断念したとはいえドルは高金利通貨。売り持ちにすると金利負担が嵩んでしまうため、下値を売り込む動きは続きにくいのでしょう。一方、私はイチロー引退のショックから立ち直れそうにありません・・・
     
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/20 水)
    WS000522.JPG 
    ————3/19ドル円相場————————–
     
    111円台での小動きが続く。
     
    OP111.407 HI111.473 LO111.155 CL111.420
     
    ———–3/19主な出来事—————————
     
    09:30  豪10-12月期四半期住宅価格指数(前期比) -2.4%   
    前回-1.5%     
    予想-2.0%
     
    09:30   RBA議事録   
    「住宅市場の落ち込み、現在の予想より一層急激となる可能性」「労働市場の動向が特に重要との点でメンバーは一致」「新たな情報が手に入り、国内の経済データにおける現在の緊張関係が解消されるまで金利を据え置くのが適切だろう」 
      
    18:30  英2月失業保険申請件数  2.70万件  
    前回1.42万件 (1.57万件)     
    英2月失業率  2.9%  
    前回2.8%      
    英11-1月失業率(ILO方式)   3.9%  
    前回4.0%   
    予想4.0%  
    英11-1月週平均賃金(前年比)+3.4%
    前回+3.4%(3.5%)
    予想+3.2%
     
    19:00  独3月ZEW景況感調査(期待指数)  -3.6  
    前回-13.4   
    予想-11.0   
     
    23:00  米1月製造業新規受注(前月比)   +0.1% 
    前回+0.1%   
    予想+0.3%   
     
    25:49「中国が通商協議で積極姿勢を後退させており、米当局者が懸念している」-関係者
     
    26:13 「米財務長官と米通商代表部(USTR)代表が、3月25日の週に北京を訪問」
    ———3/19株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21566.85▼17.65
    豪ASX  6184.790 ▼5.738
    上海総合 3090.975 ▼5.442
    英FT  7324.00△24.81
    独DAX 11788.41△131.35
    NYダウ 25887.38▼26.72
     
    日10年債利回り -0.0400%▼0.0050
    豪10年債利回り 1.933%▼0.051
    英10年債利回り 1.186%▼0.010
    独10年債利回り 0.097%△0.014
    米2年債利回り 2.4686%△0.0165
    米10年債利回り 2.6123%△0.0090
     
    NY原油 59.03 ▼0.06
    NY金 1306.50△5.00
     
    ————3/20きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    08:50  日銀金融政策決定会合議事要旨 (1月22?23日分)
    未定  3月月例経済報告 
     
    <海外> 
    06:45  10-12月期NZ経常収支
    16:00  2月独生産者物価指数 
    17:00  2月南アフリカ消費者物価指数
    18:30  2月英消費者物価指数
    18:30  2月英生産者物価指数
    18:30  2月英小売物価指数
    20:00  1月南アフリカ小売売上高 
    23:30  EIA週間在庫統計 
    27:00  米FOMC政策金利発表
    27:00  FOMC、経済・金利見通し発表 
    27:30  パウエルFRB議長、会見 
     
    ————3/20きょうのひとこと———————
     
    きょうの焦点は言うまでもなくFOMCで、FOMCの焦点は金利見通し(ドットチャート)です。2020年にかけて合計3回(19年2回、20年1回)の利上げが従来の見通しでしたが、今回これを下方修正する公算です。問題はその修正度合いで、はっきりとした市場コンセンサスはありませんが、合計2回への修正なら概ね予想通り、1回ならハト派色が強め、0回(利上げ停止=超ハト派)や3回(利上げ姿勢堅持=タカ派)なら大きなサプライズとなりそうです。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/19 火)
    WS000521.JPG
    ————3/18ドル円相場————————–
     
    111円台での小動きが続く。
     
    OP111.465 HI111.626 LO111.297 CL111.423
     
    ———–3/18主な出来事—————————
     
    08:50  日本2月貿易統計(通関ベース、季調前)+3390億円    
    前回-1兆4152億円 (-1兆4156億円)  
    予想+3051億円   
     
    18:21 ドイツ内相 
    「英国のブレグジット期限延長の要請に反対する国があり、説得することは困難なことで承認は難航する見込み」 
     
    19:00  ユーロ圏1月貿易収支(季調済)  +170億ユーロ   
    前回+156億ユーロ (160億ユーロ)  
    予想+150億ユーロ  
     
    23:00  米3月NAHB住宅市場指数   62 
    前回62   
    予想63   
     
    24:19 バーコウ英下院議長 
    「議会で2回にわたり否決された離脱協定案を再採決することはできない」「政府が新たな提案、もしくは12日に否決されたものとは異なる内容の案を提出するのであれば問題はない」
     
    ———3/18株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21584.5△133.65
    豪ASX  6190.528 △15.355
    上海総合 3096.417 △74.666
    英FT  7299.19△70.91
    独DAX 11657.06▼28.63
    NYダウ 25914.10△65.23
     
    日10年債利回り -0.0350%▼0.0010
    豪10年債利回り 1.984%△0.005
    英10年債利回り 1.196%▼0.015
    独10年債利回り 0.083%▼0.001
    米2年債利回り 2.4521%△0.0143
    米10年債利回り 2.6033%△0.0161
     
    NY原油 59.09 △0.57
    NY金 1301.50▼1.40
     
    ————3/19きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    特になし 
     
    <海外> 
    09:30  10-12月期豪住宅価格指数 
    09:30  RBA議事録 
    18:30  英2月雇用統計
    18:30  英11-1月失業率(ILO方式) 
    18:30  英11-1月週平均賃金
    18:35  プラートECB専務理事、講演 
    19:00  ユーロ圏1月建設支出 
    19:00  独3月ZEW景況感指数
    19:00  ユーロ圏3月ZEW景況感指数 
    23:00  米1月製造業新規受注
     
     
    ————3/19きょうのひとこと———————
     
    メイ英政権のメイ走が続いています。3回目の離脱協定案採決は事実上ストップ。今朝は、英サン紙が「メイ首相、9-12ヶ月の離脱延期を正式要請する書簡を準備」と報じています。このメイ走がさらに1年続くと考えると気がメイってしまいます。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 15日のドル円相場ときょうのひとこと(3/18 月)
    WS000520.JPG 
    ————3/15ドル円相場————————–
     
    112円に届かず失速。米指標悪化でドル売りも、米株上昇で円売り入り200日線前後で下げ渋る。
     
    OP111.648 HI111.899 LO111.382 CL111.503
     
    ———–3/15主な出来事—————————
     
    12:02 北朝鮮が米国との非核化協議の停止検討
     
    15:30 黒田日銀総裁
    「海外経済の影響は受けるが、国内は緩やかな回復を見込む」 「2%へのモメンタムは維持されている」 「大方の委員が現在の金融緩和を粘り強く続けることが適切と判断」 
     
    16:00  独2月卸売物価指数(前月比)  +0.3%  
    前回-0.7%      
               
    19:00  ユーロ圏2月消費者物価指数(HICP)・改定値(前年比)    +1.5%   
    前回+1.5%  
    予想+1.5% 
     
    21:30  米3月ニューヨーク連銀製造業景気指数  +3.7   
    前回+8.8   
    予想+10.0  
     
    22:15  米2月鉱工業生産(前月比)  +0.1%  
    前回-0.6% (-0.4%) 
    予想+ 0.4%   
    米2月設備稼働率   78.2% 
    前回78.2% (78.3%)  
    予想78.4%   
     
    23:00  米3月ミシガン大学消費者態度指数・速報値  97.8   
    前回93.8   
    予想95.3  
     
    29:00   米1月証券投資   -1437億ドル  
    前回-331億ドル (-1135億ドル)    
     
    ———3/15株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21450.85△163.83
    豪ASX  6175.173 ▼4.415
    上海総合 3021.751 △31.066
    英FT  7228.28△42.85
    独DAX 11685.69△98.22
    NYダウ 25848.87△138.93
     
    日10年債利回り -0.0340%△0.0070
    豪10年債利回り 1.979%△0.007
    英10年債利回り 1.211%▼0.013
    独10年債利回り 0.084%▼0.002
    米2年債利回り 2.4378%▼0.0229
    米10年債利回り 2.5871%▼0.0432
     
    NY原油 58.52 ▼0.09
    NY金 1302.90△7.80
     
    ————3/18きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    08:50  2月貿易統計(通関ベース) 
    10:10 日銀国債買入れオペ
     
    <海外> 
    09:01  3月ライトムーブ英住宅価格 
    19:00  1月ユーロ圏貿易収支
    21:30  1月対カナダ証券投資 
    23:00  3月米NAHB住宅市場指数
     
    ————3/18きょうのひとこと———————
     
    FOMCを明日からに控えて米長期金利が低下しています。10年債利回りは1月4日以来の2.58%前後です。一方で、株価は堅調でSP500は昨年10月以来の高値を更新しています。米金利低下=ドル安と株高=円安。どちらにとってもFOMCが波乱要因となる可能性があるため要注目です。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/15 金)
    WS000519.JPG 
    ————3/14ドル円相場————————–
     
    日銀ハト派スタンス強化への期待からか1週間ぶりに111.80円台へ上伸。
     
    OP111.161 HI111.830 LO111.147 CL111.683
     
    ———–3/14主な出来事—————————
     
    11:00  中国2月鉱工業生産(前年比)  +5.3% 
    前回+5.8%   
    予想+5.6%   
     
    11:00  中国2月小売売上高(前年同月比)  8.2%  
    前回+9.0%   
    予想+8.2%   
     
    16:00  独2月消費者物価指数・改定値(前年比) +1.5%   
    前回+1.6%   
    予想+1.6%   
     
    20:07 「米中首脳会談は月内に実現せず、少なくとも4月まで延期」-関係者
     
    21:30  加1月新築住宅価格指数(前月比) -0.1%    
    前回0.0%   
    予想0.0%  
     
    21:30  米新規失業保険申請件数  22.9万件  
    前回22.3万件   
    予想22.5万件   
     
    21:30  米2月輸入物価指数(前月比) +0.6%   
    前回-0.5% (0.1%)  
    予想+0.3%   
     
    23:00  米1月新築住宅販売件数(年率換算件数)  60.7万件  
    前回62.1万件 (65.2万件)  
    予想62.0万件   
     
    27:23 英議会、EU離脱の期限を延長する動議を412対202の賛成多数で可決
     
    ———3/14株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21287.02▼3.22
    豪ASX  6179.589 △18.403
    上海総合 2990.685 ▼36.266
    英FT  7185.43△26.24
    独DAX 11587.47△15.06
    NYダウ 25709.94△7.05
     
    日10年債利回り -0.0410%△0.0010
    豪10年債利回り 1.972%△0.010
    英10年債利回り 1.224%△0.026
    独10年債利回り 0.086%△0.022
    米2年債利回り 2.4607%▼0.0042
    米10年債利回り 2.6303%△0.0090
     
    NY原油 58.61 △0.35
    NY金 1295.10▼14.20
     
    ————3/15きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    未定   日銀金融政策決定会合
    15:30  黒田日銀総裁、定例記者会見 
    17:55  黒田日銀総裁、スピーチ(B20東京サミット)
     
    <海外> 
    16:00  2月独卸売物価指数 
    16:00  12月トルコ失業率
    18:00  レーン・フィンランド中銀総裁、記者会見 
    19:00  2月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)・改定値 
    21:30  1月カナダ製造業出荷
    21:30  3月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
    22:15  2月米鉱工業生産指数
    22:15  2月米設備稼働率
    23:00  3月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 
    29:00  1月対米証券投資動向 
    —–  中国全国人民代表大会閉幕、李首相記者会見 
     
    ————3/15きょうのひとこと———————
     
    日銀のハト派スタンス強化に対する思惑が高まっている模様です。FRBやECBの他にもRBAやBOCなど、世界の中央銀行がこぞってハト派に傾く中、日銀もこれに追随しないはずがないとの見方でしょう。実際に日本の鉱工業生産は3カ月連続で減少中です。日銀が見通しを下方修正して近いうちに追加緩和へとの期待が広がるのも無理からぬところです。黒田総裁が(厄介な)市場の期待にどう対処するのか注目です。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/14 木)
     WS000516.JPG
     
    ————3/13ドル円相場————————–
     
    111円台前半での小動き継続。
     
    OP111.330 HI111.462 LO111.006 CL111.166
     
    ———–3/13主な出来事—————————
     
    08:30 豪3月ウエストパック消費者信頼感指数 98.8
    前回103.8
     
    19:00 ユーロ圏1月鉱工業生産 前月比+1.4%
    前回-0.9%
    予想+1.0%
     
    21:30 米2月生産者物価指数 前月比+0.1%
    前回-0.1%
    予想+0.2%
    米2月生産者物価指数 前年比+1.9%
    前回+2.0%
    予想+1.9%
    米2月生産者物価指数・コア 前年比+2.5%
    前回+2.6%
    予想+2.6%
     
    21:30 米1月耐久財受注 前月比+0.4%
    前回+1.2%(+1.3%)
    予想-0.4%
    米1月耐久財受注・除輸送用機器 前月比-0.1%
    前回+0.1%(+0.3%)
    予想+0.1%
     
    英下院、合意なしでEUから離脱する事を回避する案を321対278の賛成多数で可決
     
    メイ英首相
    「近く合意がまとまれば、EUに『テクニカル』な離脱延期を求めるつもりだ」「合意できなければ、延期ははるかに長期にわたるだろう」
     
    ———3/13株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21290.24▼213.45
    豪ASX  6161.186 ▼13.637
    上海総合 3026.951 ▼33.356
    英FT  7159.19△8.04
    独DAX 11572.41△48.24
    NYダウ 25702.89△148.23
     
    日10年債利回り -0.0420%▼0.0140
    豪10年債利回り 1.962%▼0.071
    英10年債利回り 1.198%△0.035
    独10年債利回り 0.065%△0.009
    米2年債利回り 2.4648%△0.0143
    米10年債利回り 2.6213%△0.0197
     
    NY原油 58.26 △1.39
    NY金 1309.30△11.20
     
    ————3/14きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース) 
     
     
    <海外> 
    09:01  2月英RICS住宅価格
    11:00  2月中国鉱工業生産 
    11:00  2月中国小売売上高
    16:00  2月独消費者物価指数・改定値
    16:00  1月トルコ鉱工業生産
    16:45  2月仏消費者物価指数・改定値 
    17:30  2月スウェーデン失業率 
    21:00  1月ブラジル小売売上高指数 
    21:30  1月カナダ新築住宅価格指数 
    21:30  2月米輸入物価指数
    21:30  米新規失業保険申請件数
    23:00  1月米新築住宅販売件数
    —–  英議会、「EU離脱の延期」について採決 
     
    ————3/14きょうのひとこと———————
     
    ポンド円が激しく上下する傍らでドル円は小幅な値動きが続いています。2月以降は終値ベースで一度も割り込んでいない20日移動平均線を死守できるか、「次の動き」に向けて注目です。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/13 水)
     WS000515.JPG
     
    ————3/12ドル円相場————————–
     
    111円台前半で小動き。市場の関心がブレグジット採決とポンド相場に向かう中、ドル円は蚊帳の外。米CPIやや下ブレも材料視されず。
     
    OP111.164 HI111.463 LO111.110 CL111.337
     
    ———–3/12主な出来事—————————
     
    07:00  メイ英首相
    「EU離脱案は法的拘束力ある変更で合意」
     
    18:30  英1月貿易収支 -130.84億ポンド   
    前回-121.02億ポンド(-126.86億ポンド)  
    予想-122.00億ポンド   
      
    18:30  英1月鉱工業生産指数(前月比)  +0.6%  
    前回-0.5%   
    予想+0.2%   
    18:30  英1月製造業生産指数(前月比)  +0.8%  
    前回-0.7%   
    予想+0.2%   
    18:30  英1月GDP(前月比)   +0.5%  
    前回-0.4%   
    予想+0.2%  
     
    21:30 米2月消費者物価指数(前月比) +0.2%    
    前回0.0%   
    予想+0.2%  
    2月消費者物価指数(前年比)   +1.5% 
    前回+1.6%   
    予想+1.6%   
    2月消費者物価指数・コア(前年比)  +2.1%  
    前回+2.2%   
    予想+2.2%   
     
    20:20 コックス英法務長官
    「EUの同意なしにアイルランドのバックストップを離れることができる国際的に合法的な手段はないまま」
     
    28:20 英下院、EU離脱案を391対242の反対多数で否決
     
    ———3/13株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21503.69△378.60
    豪ASX  6174.823 ▼5.367
    上海総合 3060.307 △33.315
    英FT  7151.15△20.53
    独DAX 11524.17▼19.31
    NYダウ 25554.66▼96.22
     
    日10年債利回り -0.0280%△0.0050
    豪10年債利回り 2.033%△0.002
    英10年債利回り 1.163%▼0.016
    独10年債利回り 0.055%▼0.014
    米2年債利回り 2.4506%▼0.0246
    米10年債利回り 2.6015%▼0.0377
     
    NY原油 56.79 △0.72
    NY金 1291.10▼8.20
     
    ————3/13きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    08:50  1月機械受注
     
    <海外> 
    08:30  3月豪ウエストパック消費者信頼感指数 
    19:00  1月ユーロ圏鉱工業生産
    21:30  2月米卸売物価指数
    21:30  1月米耐久財受注額
    23:00  1月米建設支出
    23:30  EIA週間在庫統計 
    26:00  クーレECB理事、講演 
    26:00  米30年債入札 (160億ドル)
    —–  英下院、「合意なき離脱」について採決 
     
    ————3/13きょうのひとこと———————
     
    ポンド無双です。一日の値幅はドル円の30銭に対してポンド円は3.2円でした。今夜は英下院で「合意なき離脱」に対する賛否を問う採決が行われます。否決が濃厚と見られ、明日の「離脱延期」を問う採決に進み見通しです。さすがに昨日ほどの暴れっぷりは見られないとは思いますが、無双状態は続きそうです。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 昨日のドル円相場ときょうのひとこと(3/12 火)
     WS000512.JPG
    ————3/11ドル円相場————————–
     
    米2月雇用統計の余波か一時110.877円まで下落したが、ブレグジット不透明感後退で持ち直した。
     
    OP111.129 HI111.305 LO110.877 CL111.219
     
    ———–3/11主な出来事—————————
     
    08:00 パウエルFRB議長 
    「辛抱強さとは金利変更を急がないことを意味する」「米国の見通しは良好」
     
    16:00  独1月鉱工業生産(前月比)  -0.8%  
    前回-0.4% (0.8%)  
    予想+0.5%   
     
    20:08 メイ英首相 
    「今日、後ほど声明文を発表する」 
     
    11日20:40 英首相報道官 
    「離脱協定案に対する本採決(Meaningful Vote)は明日12日に実施」 「EUとのブレグジット交渉は継続中」
     
    21:30  米1月小売売上高(前月比)  +0.2%  
    前回-1.2% (-1.6%) 
    予想-0.1%   
     1月小売売上高(除自動車)(前月比) +0.9%   
    前回-1.8% (-2.1%)  
    予想+0.3%   
      
    26:00 メイ首相、ブレグジット協議のために仏ストラスブールへ
     
    ———3/11株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21125.09△99.53
    豪ASX  6180.190 ▼23.571
    上海総合 3026.992 △57.131
    英FT  7130.62△26.31
    独DAX 11543.48△85.64
    NYダウ 25650.88△200.64
     
    日10年債利回り -0.0330%±0.0000
    豪10年債利回り 2.031%△0.001
    英10年債利回り 1.179%▼0.010
    独10年債利回り 0.069%±0.000
    米2年債利回り 2.4752%△0.0142
    米10年債利回り 2.6393%△0.0108
     
    NY原油 56.79 △0.72
    NY金 1291.10▼8.20
     
    ————3/12きょうの注目材料———————
     
    <国内> 
    特になし
     
    <海外> 
    08:00  パウエルFRB議長、あいさつ
    09:30  2月豪NAB企業景況感指数 
    17:30  2月スウェーデン消費者物価指数 
    18:30  1月英貿易収支
    18:30  1月英鉱工業生産指数
    18:30  1月英製造業生産高 
    18:30  1月英GDP 
    19:45  ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演 
    21:30  2月米消費者物価指数
    21:45  ブレイナードFRB理事、講演 
    26:00  米10年債入札 
    —–  英議会、EU離脱協定案採決 
    —–  EU財務相理事会(ブリュッセル) 
     
    ————3/12きょうのひとこと———————
     
    本日は、英議会のEU離脱協定案採決が最重要案件ですが、メイ首相とEUは否決阻止に向けて動いたようです。今朝方、懸案のアイルランド・北アイルランド国境問題を巡るバックストップ措置について、「法的拘束力を伴う修正案」で合意。離脱期限を5月23日まで延期する事も、ドサクサ紛れに発表しました。現時点では、修正案(メイ・ユンケル合意案)の内容がいまひとつ不明瞭ですが、この審議・採決が本日行われる予定です。メイ首相の信任が問われる採決と言ってもいいかもしれません。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • 8日のドル円相場ときょうのひとこと(3/11 月)
     0308.PNG
     
    ————3/8ドル円相場————————–
     
     
    アジア市場で株安の流れが加速すると111円台を割り込む。米雇用統計NFP急減速で110.764円まで下押した。しかし、米株が下げ幅を圧縮すると買い戻しが入り雇用統計発表前の水準を上回る111.175円で越週。
     
    OP111.578 HI111.647 LO110.764 CL111.175
     
    ———–3/8主な出来事—————————
     
    12:20 中国2月貿易収支(米ドル)+41.2億ドル
    前回+391.6億ドル
    予想+262.0億ドル
    08:50 日本10-12月期GDP・二次速報(年率換算)+1.9%
    前回+1.4%
    予想+1.8%
     
    08:50 日本1月国際収支・貿易収支 -9648億円
    前回+2162億円
    予想-1兆1331億円
     
    16:00 ドイツ1月製造業新規受注(前月比)-2.6%
    前回-1.6% (0.9%)
    予想+0.5%
     
    21:41 メイ英首相 
    「私のブレグジット案を議会が拒否した場合、何が起こるか誰にもわからない」 
    「確かなのは不透明感が続くことだけ」 
    「我々は離脱しなければならない」 
    「離脱期限の延長は2回目の国民投票につながる可能性」 
    「来週は歴史的な選択に直面する」 
     
    22:15 カナダ2月住宅着工件数 17.31万件
    前回20.80万件 (20.68万件)
    予想20.50万件
    22:30 カナダ 2月新規雇用者数 +5.59万人
    前回+6.68万人
    予想0.00万人
    2月失業率 5.8%
    前回5.8%
    予想5.8%
     
    22:30 米2月非農業部門雇用者数 +2.0万人
    前回+30.4万人 (31.1万人)
    予想+18.0万人
    2月失業率 3.8%
    前回+4.0%
    予想+3.9%
    2月平均時給(前月比)+0.4%
    前回+0.1%
    予想+0.3%
    2月平均時給(前年比)+3.4%
    前回+3.2% (3.1%)
    予想+3.3%
     
    22:30 米1月住宅着工件数(年率換算)123.0万件
    前回107.8万件 (103.7万件)
    119.7万件
    1月建設許可件数(年率換算)134.5万件
    前回132.6万件
    予想128.9万件
     
    25:00 01:01 バルニエEU首席交渉官 
    「ブレグジットの話し合いは何も進展が無かった」 
     
    ———3/8株式・債券・商品———————–
     
    日経平均 21025.56▼430.45
    豪ASX  6203.76▼60.12
    上海総合 2969.861▼136.557
    英FT   7104.31▼53.24
    独DAX  11,457.84▼59.96
    NYダウ 25450.24▼22.99
     
    日10年債利回り -0.03%▼0.03
    豪10年債利回り 2.03%▼0.06
    英10年債利回り 1.189%△0.017
    独10年債利回り 0.07% 0.00
    米2年債利回り  2.46%▼0.01
    米10年債利回り 2.63%▼0.01
     
    NY原油 56.07 ▼0.59
    NY金 1299.30 △13.20 
     
    ————3/11きょうの注目材料———————
     
    <国内>
    特になし
    <海外>
    08:00 パウエルFRB議長TVインタビュー
    16:00 1月独鉱工業生産 
    16:00 1月独貿易収支 
    16:00 1月独経常収支 
    16:00 2月ノルウェー消費者物価指数
    16:00 10-12月期トルコGDP 
    16:00 1月トルコ経常収支 
    21:30 1月米小売売上高 
    23:00 12月米企業在庫 
    26:00 米財務省、3年債入札 
    —– ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル) 
     
    ————3/11きょうのひとこと———————
     
    米雇用統計を終えて、次に市場が関心を寄せるのは明日のブレグジット修正案採決(英下院)でしょう。本日の米指標では12月分がまさかの大幅減となった1月小売売上高に注目です。そのほか、パウエルFRB議長がT現地10日夜のTV番組でインタビューを受けるとのことです。
     
    本日もよろしくお願いします。
     
  • コメントをどうぞ

    コメントを投稿するにはログインしてください。